利用時の注意点

消費者金融からキャッシングを利用する上でもっとも注意しなければならないのは、「返済を延滞しないこと」です。
これは、約束したことを守らなければならない、という倫理的な面からも言えることですが、もっと実質的な理由があるからです。それは先ほども述べた”信用情報機関”にあります。
たとえば、消費者金融機関からお金を借りて、それが期日までに返済できなかったとします。その情報は”事故情報”として信用情報機関に載せられてしまいます。

これは最長5年の期間消えることはないようで、当然銀行やその他金融機関からのキャッシング時にマイナス評価として見られてしまいます。また、返済が不可能になり、債務整理(自己破産や個人再生)という手続きをすることになると、信用情報機関どころか国が発行する”官報”という広報誌に住所・名前が載せられてしまうこともあります。
このような事態にならないように、キャッシング利用時は必ずしっかりとした返済計画を立てることによって返済を滞らせないようにしましょう。

健全な金融業者についての注意点をご説明しましたが、どれだけ困ってもヤミ金や街金は利用してはいけません。消費者金融業者とこれらの違法金融業者をしっかり見分ける知識と判断を持つことも非常に大切です。

デメリットを知ろう

デメリットとしては、銀行よりも金利が高いという点があげられます。
金利が高いということは相対的に返済しなければならない借金がそれだけ多くなるということですから、借りる際は注意する必要があります。また、近年”過払い金請求”や”利息の取りすぎ”に関する問題が広く取沙汰されていますが、こうしたことから消費者金融でお金を借りるということ自体のイメージが世間的に良くないとされる傾向もあります。
そうした負のイメージが出来上がってしまっていることもデメリットと言えるでしょう。

消費者金融と契約をすると、一定期間その情報が記録されることになります。
その記録される場所を”信用情報機関”と言いますが、他の消費者金融や銀行からキャッシングをしたいときにここに記録が残っていると審査にマイナスに影響する可能性があります。特に、現在進行形で返済中の場合などはなおさらです。

ローンを組む時も同じです。消費者金融との契約の最中に住宅や自動車のローンを組もうとしても、信用情報機関に記録が残っているため、影響は少なからずあります。
これから大事なローンを組んだり、近々どうしてもまとまったお金が必要でキャッシングを利用する計画がある、という人はむやみに利用することを避けたほうが良いでしょう。

メリットの種類

消費者金融でキャッシングを利用することのメリットは、他の金融機関から借りる場合と比較するとわかりやすいかもしれません。
たとえば、銀行から借りる場合とは何が違うのでしょうか。それは”審査”です。
キャッシングには借入先によって多少の違いはあれど、審査に通らなければお金を借りることはできません。銀行に比べて消費者金融のほうが比較的審査に通る確率が高い、とされています。

審査では、キャッシング利用者の年収・職業・雇用形態・家族構成・過去のキャッシング履歴などを見られます。つまり、これらの条件をクリアするには銀行で借りるにはより高い基準が求められるということになります。
「銀行よりも借りやすい」というのがメリットの一つです。

そして、冒頭でも少し触れましたが、ヤミ金や街金から借りるよりも安心で安全なのが消費者金融です。何しろ法律に則って貸金業を行っているのからです。
ヤミ金・街金業者は、審査の基準もかなり甘いところが多い代わりに、金利が以上に高く設定されていて返済に苦しむ・大きなトラブルに巻き込まれる、という結果に陥る人は少なくありません。
特に大手の消費者金融の場合はお金を借りるうえでの「安心と安全」を保証してくれるというメリットもあると言えるでしょう。

消費者金融とは

消費者金融とは、貸金業者の一つで、一般に個人への貸し付けを行っている金融業者を指します。原則”無担保・無保証”でキャッシングを利用することができ、近年消費者金融の窓口はますます広がりつつあります。
コンビニのATMやTV・インターネット広告による認知度の向上が広まりの大きな理由かもしれません。

皆さんは街金・ヤミ金という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。
消費者金融はこうした業者とは異なります。消費者金融=街金・ヤミ金、でありません。いずれもお金を貸す業者ということは同じなのですが、主に”利息”の面での違いがあります。
大手の消費者金融は、利息をはじめ契約方法や返済に関する規定を法律に則ってキャッシングを行っていますが、街金やヤミ金は高額な利子・利息を課して違法に取り立てるなどのところが多いです。

その法律は、利息制限法と言い、10万円~100万円未満のキャッシングならば年利18%までと強制的に定められているというわけです。この金利よりも低く借りられるケースも当然あります。
そのため、安全性と信頼性の面からもお金に困った場合は銀行と消費者金融からキャッシング先を選択することが賢明だと言えます。

お金を借りられるところは、当然この消費者金融だけではありません。先に書いた銀行・サラ金・街金・ヤミ金など様々あります。
では消費者金融から借りることのメリットはあるのでしょうか。反対にデメリットや注意点についてもいくつか説明したいと思います。