利用時の注意点

消費者金融からキャッシングを利用する上でもっとも注意しなければならないのは、「返済を延滞しないこと」です。
これは、約束したことを守らなければならない、という倫理的な面からも言えることですが、もっと実質的な理由があるからです。それは先ほども述べた”信用情報機関”にあります。
たとえば、消費者金融機関からお金を借りて、それが期日までに返済できなかったとします。その情報は”事故情報”として信用情報機関に載せられてしまいます。

これは最長5年の期間消えることはないようで、当然銀行やその他金融機関からのキャッシング時にマイナス評価として見られてしまいます。また、返済が不可能になり、債務整理(自己破産や個人再生)という手続きをすることになると、信用情報機関どころか国が発行する”官報”という広報誌に住所・名前が載せられてしまうこともあります。
このような事態にならないように、キャッシング利用時は必ずしっかりとした返済計画を立てることによって返済を滞らせないようにしましょう。

健全な金融業者についての注意点をご説明しましたが、どれだけ困ってもヤミ金や街金は利用してはいけません。消費者金融業者とこれらの違法金融業者をしっかり見分ける知識と判断を持つことも非常に大切です。

デメリットを知ろう

デメリットとしては、銀行よりも金利が高いという点があげられます。
金利が高いということは相対的に返済しなければならない借金がそれだけ多くなるということですから、借りる際は注意する必要があります。また、近年”過払い金請求”や”利息の取りすぎ”に関する問題が広く取沙汰されていますが、こうしたことから消費者金融でお金を借りるということ自体のイメージが世間的に良くないとされる傾向もあります。
そうした負のイメージが出来上がってしまっていることもデメリットと言えるでしょう。

消費者金融と契約をすると、一定期間その情報が記録されることになります。
その記録される場所を”信用情報機関”と言いますが、他の消費者金融や銀行からキャッシングをしたいときにここに記録が残っていると審査にマイナスに影響する可能性があります。特に、現在進行形で返済中の場合などはなおさらです。

ローンを組む時も同じです。消費者金融との契約の最中に住宅や自動車のローンを組もうとしても、信用情報機関に記録が残っているため、影響は少なからずあります。
これから大事なローンを組んだり、近々どうしてもまとまったお金が必要でキャッシングを利用する計画がある、という人はむやみに利用することを避けたほうが良いでしょう。