消費者金融とは

消費者金融とは、貸金業者の一つで、一般に個人への貸し付けを行っている金融業者を指します。原則”無担保・無保証”でキャッシングを利用することができ、近年消費者金融の窓口はますます広がりつつあります。コンビニのATMやTV・インターネット広告による認知度の向上が広まりの大きな理由かもしれません。

皆さんは街金・ヤミ金という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。消費者金融はこうした業者とは異なります。消費者金融=街金・ヤミ金、でありません。いずれもお金を貸す業者ということは同じなのですが、主に”利息”の面での違いがあります。大手の消費者金融は、利息をはじめ契約方法や返済に関する規定を法律に則ってキャッシングを行っていますが、街金やヤミ金は高額な利子・利息を課して違法に取り立てるなどのところが多いです。

その法律は、利息制限法と言い、10万円~100万円未満のキャッシングならば年利18%までと強制的に定められているというわけです。この金利よりも低く借りられるケースも当然あります。そのため、安全性と信頼性の面からもお金に困った場合は銀行と消費者金融からキャッシング先を選択することが賢明だと言えます。お金を借りられるところは、当然この消費者金融だけではありません。先に書いた銀行・サラ金・街金・ヤミ金など様々あります。では消費者金融から借りることのメリットはあるのでしょうか。反対にデメリットや注意点についてもいくつか説明したいと思います。